1
2
3
4
plan
data
掲載
pdf download
HOUSE IN HOUSE
この住宅は東京の古くからの住宅地のなかにある。住まい手はフリーランスの仕事をもつ男女2人である。私的な生活を支える空間として、寝室、浴室、キッチンなどを収納する塔状の箱と、アトリエとしても使う社会化された空間を抱き込む大きな箱が用意されている。塔状の箱はこの大きな箱に入れ子のように組み込まれている。私的な生活と社会化された生活という、生活の二重構造に空間が対応している。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.