1
2
3
4
plan
data
掲載
pdf download
RYOKAN 浦島
この建築は佐渡島の海岸線に建っている。料理を主体とする旅館であるため宴会場を中心としてのものであり、宿泊室は付随的なものである。極端な予算の少なさと極端な工期の短さに対応するために工場や倉庫をつくる安価で一定の性能をもつ部材を用いたり、構造形式や工法を単純にした。このような作法で旅館とはこうあるべきという空間のコードにズレを発生させ、新しい空間言語を獲得することが目論まれている。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.