1
2
3
4
plan
data
掲載
pdf download
PLANE+HOUSE
東京の密集した街区のなかの小さな敷地に建つアトリエ付き住宅である。クライアントはインダストリアルデザイナーでここに生活の場と仕事の場を移すことにした。法的な制限から建物の平面は正確な正方形となっている。この正方形の内側に内壁を設けており、外壁と内壁でつくられるダブルスキンの隙間を回転しながら上昇するように階段が設けられている。この隙間の上部はトップライトとなっており光を下階へ導く、と同時にこの隙間は気流の流れるダクトとして計画されている。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.