1
2
3
4
5
plan
data
掲載
pdf download
T・N-HOUSE
クライアントの与件は、1階を将来ギャラリーとして使用することを考慮することと、お茶が飲めるティーバルコニーを設けるという、シンプルなものであった。しかし16坪程度の敷地と厳しい予算、さらに思いの外軟弱な地盤の中で、この建築を構想するのは困難な作業となった。長いスタディの末、正対称の平面系とし中央のコアに構造と設備を集中させ、その最頂部にバルコニーを設けるという現行の案を探り出し、ピンホールを抜くようにしてこの住宅を成立させた。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.