1
2
3
4
plan
data
掲載
pdf download
CN-HOUSE
音楽のための部屋と工作室という家族の趣味のためのスペースが過半となる住宅。1階部分に家族にとってパブリックとなる趣味のためのスペースを設け、そこが周囲の住宅に対しても開放されているような空間とすることを決めた。ガラス壁で区画された防音室を取り巻くように音楽室、工作室などを天高をできるだけ高くした1階部分に設け、生活の場は裏山の擁壁上の竹林と同レベルとなる通常の2階よりはやや高いレベルに開放された空間として設けている。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.