1
2
3
4
5
plan
data
掲載
pdf download
下馬の連続住居
敷地は東京の都心部からややはずれた住宅とアパートが密に混在する住宅地の一角にある。旗竿敷地で「下馬の連続住居」に隣接する。長方形平面をグランドレベルでは短冊形、地階・2階レベルでは田の字型に4分割したものを、それぞれひとつずつ組みあわせて1ユニットとした。同じ空間構造の4ユニットは方位により微妙に性格の異なる空間構成となっている。各住戸の中心に位置する階段室には、可逆ファンによるリターンダクトを設け、地階からPH階までの熱・空気環境をコントロールしている。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.