1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
集合住宅20K
建物を南側の敷地境界ぎりぎりに寄せて配置し、法的に要求される窓先空地、有効採光面などを北側にとることで、まとまった大きな空地を作り出すことにした。空地を挟んで南側に高い天井高をもつメゾネットタイプ、北側にワンルームのフラットタイプを設けている。メゾネットは下階をパブリックな仕事の場、上階を生活の場とすることも可能な空間構成となっている。ワンルームのフラットタイプは、厚い壁で隔てられた2部屋をコネクティングドアで連結することもできるようにしてあり、片方を仕事場として使うこともできるし、自律したふたりの人間が共同して生活することもできる。そんな新しい人間の関係をもつ生活をこの空間に想定している。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.