1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
洗足の連結住棟
各住棟の中央部に構造壁を設け、その壁を、隣り合う住棟ではそれぞれ直行方向に配置してある。連結部分のバルコニーによって構造的には一体として水平力は直行する2方向の構造壁で受けるものとしている。また構造壁から離れるフラットスラブの鉛直荷重はスチールのポスト柱で受けるシステムとしている。この構造システムによって住棟の外周部は完全に構造から自由となり、どの住戸も戸建て住宅のような外部とのインターフェイス面の多い空間形式となっている。外周部に縁側のような二重の建具ラインを設けることで内部空間のプライバシーや熱環境をコントロールしている。住戸平面はコンパクトな水回り以外は可動の家具と建具が設けられているだけで、空間の使い方は住まい手の選択に委ねられている。この縁側を外周部にもつ空間形式では透明度の高いオープンエアーハウジングとでもいえる空間が実現している。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.