1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
古淵の貸家付住宅
オーナー家族6人の専用住宅と複数の貸家からなる大きな家のような建築。経済効率が優先される都市的な集合住宅の方法論に加え、集合することで家族概念が拡張する提案を行った。4層の建築は、基壇となる鉄筋コンクリート造の貸家の上に、鉄骨造のオーナー住宅が持ち上がり、その中間にパブリックとして機能するピロティがサンドイッチされている。この庭のようなフロアは住人全員がアクセスできる建築全体にとってのリビングルームになっている。異なるクラスターである家族が互いに独立しつつ、同時に互いを排除することなく共存することができるような、新しい家族形態の提案である。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.