1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
Glasfall
この集合住宅は東京の静かな住宅地にある。土地を相続した兄弟が最上階に住むのであるが、区分所有する分筆線に合わせて正確に区分し、自立する建物を2棟建てるように希望された。2棟のつなぎの部分にオーナーの3部屋、賃貸11室のアクセス通路を設けている。このつなぎの部分は構造エキスパンションジョイントであるが、エキスパンションジョイント部品は通路となるグレーチングでつくり、光溢れる軽快な共用廊下が生まれている。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.