1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
dada house
この建物は箱状の空間を木製の独立柱でピロティのように持ち上げる構成となっている。2階部分の箱状の空間は木軸のフレームを構造用合板で固めた壁式パネル構法になっている。 施主はパブリックアートの研究者。2階は仕事場で、そこは沢山の本に囲まれた図書館のような落ち着いた空間である。それに対して1階は敷地と密接に関係する空間である。道路側はオフィスまたはパブリックアートのためのギャラリーとして設定しているため、靴のまま使うタタキである。ここは街に属する空間である。 木造建築というカジュアルな感覚を持ちながら、上下の移動のなかで2階の壁式の空間と、独立柱の1階の空間の扱いの対比を鮮やかに経験させたいと考えていた。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.