1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
Glasfall
計画地は木造密集住宅地にある。町並みの中では大きな敷地なので、周囲のグレインに合わせるように注意深く配置計画をしている。中央には開放的な大きな空間を3棟配置し、敷地境界に近い場所は周囲の建物や法的制限に対応し、小さなボリュームを周辺の路地や空隙に対応しそれに編み込むように配置している。住居ユニットは、中央の開放的な空間と敷地周辺の閉鎖的な空間を、バルコニーを介して連結したスプリットタイプ(離れ付き住戸)である。この連結したユニットは内部での移動距離が大きく、異なる質の空間を持つので、実空間よりはるかに大きな空間を体験できる。ユニットの間で視線が交錯するため、互いに生活の気配を感じる。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.