1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
GALA HOUSE
敷地は緑豊かで落ち着いた雰囲気の住宅地である。間口に比べて奥行が長く、緑地のある前面道路以外の三方を隣地の住宅に囲まれている。主構造には、小径断面の柱・梁によるラーメン構造を採用し、主構造の外側に、法的な面積に参入されない庇を制限いっぱいまで伸ばし、その下の濡れ縁のような空間を隣地との緩衝領域としている。緩衝領域があることで、隣地との間に生じる残余空間を内部空間と連続して広がる一体空間として意識することができる。建主は自分たちで手を入れられる未完の家をイメージしていたため、なるべく仕上げをせず即物的な状態で終わりにしている。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.