1
2
3
4
5
6
plan
data
pdf download
八潮アパートメントハウス
建て主はarchitecture WORKSHOP設立時の最初のプロジェクトであった「F3 HOUSE」の施主である。レディメイドのガラス温室に差し込むようなボックスを住居とした。それは住宅というものから最も遠い住宅だったような気がする。その距離感がその後の私の建築を組み立てる動機になっている。 この「八潮の未完箱」も住宅のような様相をもっているが、住宅ではない。設計を依頼された時は用途は決まっていなかった。倉庫やオフィス、シェアハウスなどのプログラムを下敷きにして検討していたが、使い方は実はまだ決まっていない。この建物を使おうという人が出現したらそのプログラムに合わせて完成させる予定である。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.