1
2
3
4
5
6
plan
data
pdf download
HARAJUKU TW BUILDING
駅前の再開発が進む原宿。表参道の坂道の入口にある三角形の小公園に面したテナントビル。2年前に手掛けた「キャピタル原宿」のちょうど1区画駅寄りに、ほとんど同じ規模の建物を建てるという計画である。周辺は、若い女性や、海外からの観光客もかなり往来する繁華な通りだが、モード(流行)に影響を受けないインフラ(基盤構造)のような建築にしようと考えた。 「キャピタル原宿」は1階をRC造、上層階を鉄骨造とし、全体を100φほどの鋼管で組んだ巨大なスペースフレームのような構造体にした。一方、この建物は、エレベーターコアと階段コアをRC躯体として2本の巨大柱で持たせている。1階は、正面側の通りや、こんもりとした木々を持つ小公園と一体となるように、5m近い天井高のガラスファサードとした。サッシは、溶融亜鉛メッキリン酸処理のハードな素材を採用している。最上階の5階も、遠くの明治神宮、代々木公園の森の緑を存分に眺めらるよう、開放感のある高い天井高とした。 一方、2-4階は、目の前の緑豊かな小公園のため、2.5mくらいの通常の高さとし、既成のアルミサッシで対応している。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.