1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
蒲郡園芸サポート施設
農業関連の産業施設である。2棟だけ新設の温室を建設した他は、既設の温室や、近くの流通施設で使っていた工作物を移設して全体をアッセンブルしている。既設の温室フレームを使って作業空間にする棟は最小限の資材と設備によって生活環境を整えた。将来的には、今回は予算の都合上断念した果樹園や中央通路の延伸を計画している。そして、既存温室、改修温室、移設温室に囲まれる場所に、新設で屋根付き屋外作業場を設けた。大型の車両が入るという条件があったのでまともに計画すると予算を大幅に超えてしまう。そこで小径の木材を組み合わせて大架構をつくることにした。スタディ模型をいくつもつくって検討を重ね予算内に納まる架構体にたどり着いた。それは田園風景の中でモニュメントとなり、そこで働く人たちに愛されている。。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.