photo by hiroaki tanaka

KATTA PUBLIC GENERAL HOSPITAL

公立刈田綜合病院

建築:architecture WORKSHOP / 北山恒・太田憲治・河嶋麻子・濱名直子・江向映

   共同設計:芦原太郎建築事務所・堀池秀人アトリエ

構造:織本匠構造設計研究所

設備:建築設備設計研究所

施工:鹿島建設・安藤建設・奥田組建設共同企業体

 


 

この病院は120m×140mの矩形の平面をもつ3層の構成となっている。最上階はポーラスなプレートというイメージの病棟である。最上階の板状の平面には多数の外部空間を配してどの病室も中庭をもつ、採光と通風と庭と植物を身近に感じるようになっている。このポーラスなプレートを持ち上げたピロティのような空間に2層にわたって診療と管理部門が置かれる。1階は外来と救急と検査という最も利用者の頻度の高い施設、2階は手術室や管理といった目的的な空間となっている。

(北山 恒)

所在地  宮城県白石市

用途   病院

 

敷地面積 55,162.22m2

建築面積 15,862.40m2

延床面積 25,862.40m2

階数   地上3階 

構造   鉄骨鉄筋コンクリート造+鉄筋コンクリート造+鉄骨造

竣工   2002年4月


日本建築学会作品選奨受賞
日本建築家協会賞
東北建築賞
医療福祉建築賞
グッドデザイン賞
公共建築賞東北地区優秀賞

 

掲載 JA65 PARALLEL NIPPON 2007/spring
   FUTURARC /中国 2006夏季
   作品選集 2004
   東北建築作品集 2003
   Nursing Today 2003/02
   LANDSCAPE DESIGN 2002/winter
   JA48 yearbook 2002
   日経アーキテクチュア 2002/06/24
   新建築 2002/06

   JIA Architect of the Year 現代日本の建築家 / JIA 2006
   実例に学ぶCASBEE 環境性能の高いサステナブル建築はこうつくる / 日経BP社 2005