photo by NOBUYUKI UMEDA

Meguro Apartments

目黒アパートメント

建築:

architecture WORKSHOP / 北山恒・山下真平

[infill] architecture WORKSHOP / 山下真平 (C,D住戸)・内田仁美(E,F,I住戸)・諸橋奈緒(H,K,L住戸)

kawashima office / 河嶋麻子(A,B,G,J住戸) 渡邉真弓建築設計事務所 / 渡邉真弓(H,I住戸)

プロデュース:アーキネット

構造:構造計画プラス・ワン

設備:団設備設計事務所

施工:扶桑建設

 


 

目黒不動の北側の丘陵地、目黒駅からも徒歩圏にある都内の住居としてとても恵まれた立地である。12戸のコーポラティブハウスとして計画した。敷地が旗竿であるため共同住宅は計画できない。敷地周囲に幅員2mの避難通路を廻した立体長屋形式の集合住宅として解いている。近隣の木造密集市街地のなかで周囲にゆったりとボイドスペースを持つことで、通風採光といった環境性能を上げているだけでなく、タウンハウスとしてのたたずまいもつくりだしている。立体長屋とするために複雑に設けた階段室は、住戸の独立性を高めながら、クルドサック集住のようなクラスターを生み出すことができている。12戸の住宅はどの住戸も満足度の高い性能を与えることができた。ここでは集合形式のさまざまな技術を開発しており、今後さらに展開していきたい。

(北山恒)

所在地  東京都世田谷区

用途   コーポラティブハウス

 


敷地面積 561.58m2

建築面積 290.26m2

延床面積 1063.18m2

階数   地下1階 地上3階 

構造   RC造 

竣工   2014年12月